メニュー

ひざ・足の症状(痛み・しびれ・違和感)

足や膝に起きやすい病気について紹介します。

変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)

原因

当院に訪れる患者様の中で最も多い下肢の疾患です。膝の関節軟骨が加齢によってすり減り、膝関節が変形します。女性に多く、70歳代の女性の半分以上が変形性膝関節症になっていると報告されています。肥満による体重の負荷も原因となります。

症状

階段を下りるときに膝が痛んだり、膝の動きに制限が出る、膝に水が溜まるといった症状がみられます。まっすぐ立った時に膝の内側がくっつかないO脚になり、膝の内側を押えると痛みが現れます。

診療方針

診断やゆがみの程度はレントゲンで判断します。治療は変形の程度により異なりますが、膝関節の動きを広げて膝周りの筋力をつけるリハビリや、膝関節の負担を減らすための装具、痛みや炎症を取り除く消炎鎮痛剤、膝関節の動きを滑らかにするヒアルロンや炎症を抑えるためのステロイドを膝関節に直接注射するといった治療があります。これらの治療を行っても改善しない場合には手術が検討されます。

日常生活では正座や和式トイレを避け、膝を冷やさないようにすることが重要です。

外反母趾

原因と症状

外反母趾は足の親指の先が人差し指のほうを向いて、親指の付け根が飛び出した状態です。変形が強いと靴でこすれるなどの炎症を起こし、痛みが現れます。最も多い原因は先の細い靴を履くことです。さらにヒールを履くとつま先に力が加わって、親指が人差し指側に強く押されて変形していきます。

診療方針

予防としてはつま先の広い靴を履き、裸足になって足先を開くような(親指を人差し指から離すような)運動を行いましょう。治療は親指を矯正するような装具の装着や、手術などがあります。

扁平足(へんぺいそく)障害

原因と症状

足の裏は平らではなく、裸足で立つと床につかない部分があります。この部分を「土踏まず」というのですが、通常は床につかない土踏まずが床についてしまう状態を扁平足障害といいます。内側から足を見るとべったりと床についてしまっている状態です。

普通は足を横から見ると上向きのアーチ形になっていて体重を支えているのですが、このアーチを保つ後脛骨筋腱が弱ったり、体重が増加して足に重みがかかると変形をきたし扁平足障害となります。場合によってはこの部分の変形が原因でその後太ももや股関節などにも障害が出てくることがあります。

診療方針

扁平足障害の治療は痛みの除去と足に合わせた靴の作成や中敷の利用です。また足の指の筋肉を鍛える運動も有用です。改善がない場合は手術を検討することもあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME