治療内容


リハビリ

運動療法

腰痛などの痛みに即効性が認められた運動療法

世の中にはいくつもの疼痛治療法がありますが、これらとは痛みのとらえ方が決定的に違います。「姿勢と動作、痛みの変化に認められる規則性」から一人一人の痛みの原因を判断し、オーダーメイドの対処法が決まるのでその効果はより確実なものになります。

実際に海外の腰痛診療ガイドラインをもとに運動療法を実施しています。また腰椎だけでなく、頸椎、胸椎、股関節、四肢においても有効性があると考えております。

運動療法

問診と診察、必要に応じて画像診断を行い、運動療法の適応があるか判断します。
リハビリにて、さらに詳しい身体所見とテストを繰り返し、運動療法を進めていきます。
患者様の状態の合わせて、再診までのオーダーメイドのホームエクササイズと生活指導が処方されます。
次回再診で実際に症状や所見が改善されているか確認し進めていきます。

 運動療法指導を受けながら、自宅で繰り返し行うことで、時々通院してリハビリを行うよりも高い効果が得られます。このように患者様が主体となってエクササイズを行う点が特に重要と考えております。とはいえ、どのようにしたら早く良くなるのかを一緒に評価しながら進めていくので、心配はいりません。

 それぞれの患者様の痛みを分類していくため、患者様に合った内容で治療が進められる点が良い点です。同じ腰痛であっても、その原因はいろいろあります。

そのため画一的な治療では治らないこともあるのです。治らない治療を続けても時間が経つばかりです。きちんと痛みの評価を行って、オーダーメイドの指導が行われるので早く効果を得られます。実際には2週間以内、数回の通院で効果を実感できる人がほとんどです。効果を評価しながら5回ほど評価、指導を行い、調整をして最適なエクササイズの方法をみつけていきます。痛みがなくなれば通院は不要ですが、再発予防という意味ではその後も指導内容を自宅で続けることをお勧めします。また、万が一後から同じ症状が再発したとしても、指導内容を思い出して実践することで自分で自分の体を管理することができます。

インターネットにはご自身でできる腰痛体操などもありますが、痛みの正しい評価を行わずに体操だけを行うのは逆効果になることもあります。まずは痛みの評価を行い、その人に合った指導を受けた方がいいことは言うまでもありません。

 通常の治療で症状が改善しない方、長期に通院することが難しい方、できるだけ自宅で自分で治していきたい方、同じ症状を繰り返している人にお勧めです。

Copyright©2022 藤原整形外科 All Rights Reserved.